やじ馬的こころの形成時期を知る

何事にも興味を示す
これは大事なことです。
みんな無関心になってしまえば、
殺伐とした世の中になってしまうことでしょう。

しかし、度が過ぎるのもどうかと思うこともあります。
取るに足らないことに、
なにかあったん? どうしたん?
てな感じで、あっという間に黒山の人盛り
それがまた人を呼び収集つかなくなることも ‥‥

それもこれもやじ馬的こころのなせる技なのでしょう。

おチュウもやじ馬根性が見事に育っておりました。
何か異変に気付けば、
いざ鎌倉へと何をさておいても駆けつけるのですが、
内情を知るにつけ取るに足りないことも多く、
無駄な時間だったと後悔することも多々あります。

先日 大川沿いを歩いていると、
鯉を釣る現場に遭遇しましたが、
あっという間に数人が駆け寄り野次馬です。

そんな中、

まだ歳背も行かない子供がすっくと立ち動きません。
彼こそは生来筋金入りのやじ馬になると、
おチュウはその時確信したのでした。

どうでもいいんだけど ”(-“”-)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA