カフェで人類の食生活に思いを馳せる

結婚式場も兼ねているというちょっとした建物ですが、
その一角に落ち着いた感じのカフェがありました。

ゆうチュウさんとたまにはということで入りました。 😀
ランチの時間帯で少しゆっくりできましたが、

食事は写真のごとく、
イベリコブタのパニーニ
トリュフの香りのするポテトチップス
それに野菜ステイック

なかなかハイクオリテイな味と見栄えで楽しめたのですが、
ふと妄想がやってきました。

そういえば、
動物は一生涯ほぼ決まったものだけを食べ続けているもんなあ。
飽きないのだろうか。

それに比べると、
人間の味に対する欲望は果てしなく続いておるわけです

たとえば、人間様も一生お茶漬けだけを食べ続けることって
はたしてできるのだろうかなんて、
パニーニ食べながらふと思ったのです。

でも、いろいろ手の込んだものを作りながら、
食材自体はさして変わっていないことにも気づきました。

豚肉とパン、それにジャガイモと野菜か ‥‥
昔からあるなあ ‥‥
身もふたもないことを考えていました。

 

永谷園 だし茶漬け 8袋入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です