サンマの塩焼きに忍者ハットリくんを想う

遅ればせなのかもしれませんが、
今秋初めてサンマを食べました。 😀

昔は、サンマはイワシやサバとならんで、
いつでもいくらでも簡単に食べられる魚でありました。

ところがイワシが姿を消し、
サバもノルウェー産が主流なのだとか、
それにサンマも昨年は大不漁 ‥‥ 😳 、
おチュウが好きだった魚が卓からどんどん消えてゆきます。

かろうじてサンマは今年豊漁のようで、
少し胸をなでおろしている次第です。

ところで、サンマを食べると、
必ず子供のころテレビで見ていた実写版の「忍者ハットリくん」で、
ハットリくんが七輪でサンマを焼いている場面を思い出すのです。
そうです。サンマはハットリくんの大好物だったのです。

煙がもくもくあがり咳き込むのはお決まりのシーンでしたが、
秋のサンマはそれほど脂がのっているということなのでしょう。

そして今年も無事にサンマを口にしました。
花岡実太やケムマキケムゾウの姿も脳裏をかすめましたが、
こんなことを書いても誰も分からないかもしれません。
まだテレビが白黒の時代でしたから ‥‥

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です