リアルさ追求の先にあるもの

旅先の宿泊施設に置かれていたカニです。

素材はわかりませんが、
見るからにカニそっくりです。
すぐれた模作なのは見た瞬間わかりました。

素晴らしいとしか言いようが有りません。
リアルさ追求のはてに到達したものなのでしょう。

その腕の確かさに感服したおチュウでありますが、
ふと考え込んでしまいました。 😕 

人というのはオリジナリティを本能的に持ち合わせているはずです。

たぶん作っている間に自分を表現したいと思い始め、
どこかに自分が作ったという証が出てしまうのでは ‥‥

それを我慢してここまでそっくりを作る心とは何?

でも、ここまでそっくりが出来てしまうとこれもオリジナリティなのかもしれません。 😯 

いろいろ考えさせてくれる作品でした。
それにしてもよく似ています。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です