久しぶりに神戸でジャズコンサート

緊急事態宣言下ではありますが、

このところ感染者数も目に見えて減少してきた大阪です。

とはいえ、やはり乗り物に乗るには慎重にはなってしまいます。

しかし、以前からゆうチュウさんが楽しみに待っていたジャズオーケストラ

神戸に出かけてきました。

まず、ミントのトリイチに直行し、親子丼、いただきます!

本当に久しぶりでしたが、

当日は気温の割には冷たい風が吹き地下街を中心に歩き回ることに‥‥

そこここに春の花々が飾られ季節の移り変わりを実感しました。

ジャズの方は座席は一つ置きに指定されており、換気も行き届いていて、

まあこれなら感染対策は十分でしょうねえ

おチュウはジャズの方は素人なので的の得たコメントはできませんが、

ただ自称ジャズ通であろう年配の人々をやたら見かけました。

なぜわかるのか?

背中を見ればわかるわけですよ

ちょっとその分野的な服を着て、しかもその服は使い込んでくたびれているし、

髪型も普通の町行く人のそれではない。

そんな人がそこここに座っている

待ち遠しいのでしょうねえ、普通に音楽を聴ける日が来るのが‥‥

たぶん居ても立ってもいられなくやって来たのでしょう 😉 


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ