余裕のある釣り人

早朝に淀川ワンドを歩いた時です。

釣り人が水面の方を見ながら佇んでいました。
竿はまだ自転車に立てかけているだけです。

魚の気配を感じ取っているのでしょうか。
おチュウはしばらく見ていましたが、
そのままの姿勢で動こうとしません。 😐

昔おチュウが釣り人だったころは、
釣り場に着くや否やすぐに準備にかかり、
一秒でも早く始めようとしたものです。
性格なのかもしれません。 😳

ところが眼前の釣り人は一心に前を見続けているのです。
これはひょっとしてかなりの使い手か?
すでに勝負は始まっている?

まあチャンバラじゃないんだから、
釣れてなんぼですが ‥‥ 😀

少々興味を持ってしまったおチュウでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です