昔ながらの喫茶店にて

以前は時々やってきたのですが、

天神橋筋六丁目の昔ながらの喫茶店です。

少し暗くてウナギの寝床のように細長く奥行きがあり、

ゆったりできます。

コーヒーの味は? うーん、そこそこ not bad ね 😀

でも最近来なくなってしまった

なぜ?

突き詰めれば‥‥ けっこうタバコの煙が目にしみるのです。

そういうおチュウも以前はヘビースモーカーでしたが‥‥

もうやめて20年近くになります。

そうすると、吸っていない状態が日常で‥‥

年々煙に敏感になるわけです。

すると、どうしても煙を敬遠してしまう。

必然的にここに来る頻度は下がっていくわけです。

外を見ているサンタクロースも煙から目を背けているようで‥‥なんとなく悲しそう

時代の流れはいかんともし難い所に来ているのでしょうか。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です