肩身の狭い建物

けっこう広い交差点で信号待ちです。

ふと向こう側に目をやると、
ビルの谷間にひっそりと2階建ての木造家屋が ‥‥ 😯
心なしか傾いているようにも見えます。

新築当時は周囲も似たような高さの建物だったのでしょう。
しかし月日がたち時代が変わり見回すと、あれれ?
うちだけですやん! てな感じかな  😳

いつの間にか高層ビルが建ち並び
いつの間にか存在感がなくなり、
すっかり埋もれてしまったようです。

特に歴史的重要建築物的要素もなさそうです。
つまり単に古いだけ?
周囲のビルたちはすべて上から目線 ‥‥ 😕

そろそろ潮時かもしれません。
近未来のおチュウの姿を感じてしまい、
ちょっと親近感を覚えたわけです。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
↑ポチっと押していただければありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です