観光地の維持管理の難しさ

先日鞆の浦の街並みを散策しましたが、
見どころは多くレトロ感は改めて宝だと思いました。 😐 

一方で、形あるものは崩壊するのが理ですが、
それをどう維持し保存するかは重要な課題です。

崩れ去れば見物対象が無くなるわけで、
観光客は来なくなり観光地も廃れてしまうのです。

そういった光景は各地を旅すると目撃するのですが、
鞆の浦でも散見されました。

国策としてインバウンド効果に期待するのであれば、
今後の課題でしょう。 😯 

さらには、街並みの規模と受け入れ可能な観光客数のギャップもあります。

面積が狭いのに詰め込み過ぎては、
自ら潰してしまうことになるでしょう。

そういった全体的な視野と長期展望があまり感じられないのも、日本の観光地の欠点のような気がしました。

もったいない話ですが ‥‥。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です