九州の旅 2019.03 2.日豊本線を北上

前日鹿児島市内を観光したのち、日豊本線を北上し博多を目指した。

鹿児島中央駅を出発し、都城、宮崎、延岡(宿泊)、大分で途中下車

3月6日 朝、曇天、雨が近そう
念願だった日豊本線の旅を開始する。

鹿児島中央駅 9:00 各停で都城へ向かって出発
途中海沿いを走行、桜島が見える。

約1時間40分で都城駅に到着するが、雨が降りしきる。
駅前は特徴的なビルもなく、田舎の中小都市という感じだった。
雨のため歩き回れる状況ではないが、せっかく来たので少し出てみた。駅周辺は昭和感ただよう飲み屋街がある。午前のため静まり返っていた。それ以外特に ‥‥

ようやく待ち時間終了で、宮崎に向かう。
都城駅10:40 →宮崎駅11:43

雨はいよいよ厳しく‥‥、つまりどしゃ降り状態です。

宮崎駅内の食堂街で昼飯を食べるしかない。しかし、これが結構どこも込んでいる。なぜか‥‥、外に出られないからですねえ。こんなどしゃ降りでは観光どころではありません。

宮崎では少し時間を取って歩いてみようと思っていたが、時間を持て余すことになる。早めに延岡に行くことにした。

宮崎駅13:37 →延岡駅15:20
天候の回復を期待したが、延岡でもさして変わらない。
逆に風も強くなり横殴りのどしゃ降り! これでなにをしろと言うんだい? けっこう濡れてしまったので、ホテルに直行。少し休むことにしました。‥‥結局、その後ホテルに缶詰め状態に

3月7日
やっと天気は回復した。晴れております。
本日各停はやめることにして、大分まではにちりん6号、大分から博多へはソニック30号に乗ることにした。特急でも各間は2時間はあるため
延岡駅は小ぎれいでセンスを感じた。待合室もゆったりしており、時間待ち客のため本が充実している。駅近くの大山大師参道を少し散策。

延岡駅9:10 にちりん6号 →大分11:08

途中海沿いを走り、津久見漁港をまじかに見る。その昔、高校野球で津久見高校が優勝したことを思い出し感慨にふける。

大分市が見えてきた。けっこう大きな町のようです。
駅周辺はきれいで清潔な印象を持つ。アミュプラザはとても大きく賑わっていた。ここで昼飯。せっかくだから大分のとり天を食べてみる。

大分は強風が吹いていて寒い。
したがって、大分でもあまり外には出られず。

大分駅12:46 ソニック30号 →博多14:46

別府を過ぎた頃から、また天気が悪くなり雨が降り出す。
結局これ以降博多辺りまで雨模様。山間を進み薄暗い。

小倉過ぎた辺りから天気は少し持ち直す。

博多到着。新幹線までに3時間ほどある。天神の方に行ってみることにする。福岡自体は何度も仕事で来たので多少の土地勘はある。

地下鉄で天神まで行き、地下街をうろうろ。その後歩いてJR博多駅の方へ。アーケードを行くと、長浜ラーメンに行き当たる。ご当地ラーメンを食べることにした。うまい!そして、安い! とんこつだがあっさりしている。

さらにウロウロ

最後は、博多18:15発 さくら566号で新大阪へ

これにて駆け足の九州の旅は終了
余り天候に恵まれたとは言えなかったが、一応念願の九州ひとり旅は達成。