いよいよ再開の時 ~ラーメン、その原点

おチュウが通っていたそろばん塾は空き地になり、

昔よく屯した駄菓子屋は寂れきっている。

依然として風呂屋はあるが ——

確か飯屋は友達の実家の斜め向かいだったよなあ

 

Exif_JPEG_PICTURE

飯屋はありました。

でも ——-、新しくなっている。

改築したか?

屋号はそのままだから

 

とにかくここまで来たんだ。入るしかない。

暖簾をくぐると、電気が消えており、奥の方におばちゃんが一人座っている。

まさか客が来るとはってな感じで驚きの表情を見せ、次の瞬間いらっしゃいと満面の笑顔に激変。うーん、わかりやすい。しかし、不安

 

Exif_JPEG_PICTURE

やたら、メニューが張られているが、注文は店に入るずっと前から決まっとる。

何しますか? 中華そば下さい。

瞬時に返答

 

おばちゃんは電気をつけ、そのまま厨房に直行、作り始めている。

一人でやってんのか? 確か、初老の爺さんが店主だったと思ったが。

でも四十年も前の話だから ——-

 

程なく、お待たせと言いながら中華そばを運んできた。

 

なかなか終わらないけど、次で最後にします。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です