国内旅行の魅力

ここ数日の気温変化がどうもつかめず、

ましてや大阪人にとって

北陸の状況は数字だけでははかり知れません。

 

テレビでは気温や湿度など

天気予報で懇切丁寧に解説されています。

しかしながら、

当地を訪れてみると、

北陸といっても一律ではなく

局所的に複雑な地形が形成されており、

朝夕のちょっとした風の変化にさえ

独特の自然環境を感じてしまうものです。

Exif_JPEG_PICTURE

 那谷寺で紅葉を観賞していても

大阪の大川べりと同じ紅葉でありながら

感覚的に微妙に異なるものを感じます。

それが非日常となり、

旅の魅力につながっているのかも知れません。

 

たぶん無数の要因の差異の積み重ねが、

総合的に皮膚感覚として異質を体感するのではないでしょうか。

それらの要素とは何なのか?

おチュウにはわかりません。

 

日本という狭い国土の中において、

ほんの少し移動すれば別の顔を体験できる。

これが外国旅行とは異なる

国内旅行の魅力の一つであるのは間違いなさそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です