思い出は遠く ~ラーメン、その原点

Exif_JPEG_PICTURE

テーブルに置かれた中華そばを目の前にして、おチュウは頭の整理がつかないのでした。

長年のイメージとはかけ離れている。

違う! それは言える。

これはいわゆる和歌山ラーメンではないのか。

食べてみた。いや、ちょっと違うかも? しかし、似てはいる。

が、そんなことどうでもよろしい。

 

すでに代がわりをして、あの頃の中華そばは消え失せていました。

近年のご当地ラーメンブームに乗じ、完全にそっちの方に舵を切っていたのです。

おチュウはたまらない寂しさを感じました。

こんなことなら、来るんじゃなかった。思い出としてしまっておけばよかった。そして、故郷に帰りさえすれば、いつでも食べることができる。そう思っておけばよかったのです。

 

ものの10分もたたないうちに店を後にしました。

四十年の歳月は何もかも変えてしまったようです。街並みや、ラーメンさえも

 

でもせっかくだから、小さい頃よく遊んだ場所を少し歩いてみるか。

風は冷たいけれど—-。 一つ列車を遅らせれば、まだ十分時間はある。

その時、ポツリポツリ 傘持ってなかったなあ

散策は次にしよう。

もう来ることなどないことは、心の中で分かっていたけれど —–

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です