旦過市場の賑わい

小倉の町をぶらぶらしました。

すると、

旦過市場という文字が目に飛び込んできて、

ふらっと中へ ——。

Exif_JPEG_PICTURE

かつて、

このような市場がどんな町にもありました。

故郷海南の町にも ——。

間口は狭く、

奥行きがあり、

入り組んでいたりして、

多くの店舗の並んだ、

そしてどちらかというと辺りは薄暗く、

裸電球の灯りの数が店の数、

とにかくごちゃごちゃしていて、

日常生活に必要なものは大体手に入る、

そのような場所でした。

昭和三十年代の頃だったのかもしれません。

Exif_JPEG_PICTURE

その後時代の経過と共に

スーパーマーケットが出現し、

更にコンビニや大規模スーパーの時代に入り、

いつしか市場は姿を消して行きました。

 

なかなか市場が賑わいを保ちながら、

スーパーやコンビニなどと共存する町は少なくなりました。が、

庶民の息吹を感じさせてくれる

このような場所に遭遇すると、

旅で訪れたおチュウにとって、

町の魅力が倍増し、

強く印象に残るものとなります。

この町にしかない歴史を感じさせてくれます。

 

それは無意識のうちに、

子供の頃の記憶と重ね合わせているのかも知れません。

 

この市場と偶然出会えたことで、

小倉の町を身近に感じることができ、

大変意味深い旅となりました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA