東京から大阪へ、JR高速バス昼特急で

先日はるチュウくんの引越しで東京からの帰り、JR高速バスを利用しました。発車時刻と乗車時間およびバスのシートなど勘案し、プレミアム昼特急11号に決定。昼間の時間帯では、グレードが一番いいようです。しかし、途中二度渋滞に巻き込まれ、結局予定より1時間程度余分にかかってしまいました。仕方ないよね。

昼間のダイヤを見ると乗車時間は8~9時間 昼間は合計7便もあるのか! プレミアム昼特急は他より乗車時間40分程度短い。でも8時間超えると誤差の範囲内かもしれないが‥‥。

他の便は料金は三列シートで6300円、四列シートで4900円、プレミアム昼特急はプレミアムシート7900円ですでに満席なので、スーパーシート6500円をネット予約。すると若干の割引があって6270円

東京駅八重洲南口から11:10に発車。19:20にはJR大阪駅前に運んでくれる手はず。

当日は帰るだけだし、少しは旅気分を味わおうとバスを選びました。

天気が快晴なら富士山でも見ながらと思っていたのが、結構な荒れ模様、雨は降るわ、風は強いわ、その上かなり寒い

発車時間が11時過ぎだから、すぐに昼飯になるため、崎陽軒のシュウマイ弁当を買い乗り込みました。おチュウはシュウマイ弁当を食べるのは初めてです。読売の朝番組す・またんで森アナが崎陽軒のシュウマイ弁当をやたらと押しているので、買ってみることにしました。

さっそく昼飯。なかなかおいしい。けれど、食い意地が張っていたため、包み紙を開けた途端食事に集中。中身の写真撮るの忘れてしまう。

外は雨で相当寒いが、車内は暖房のせいで暖かい。ということで、快適なんだけど窓ガラスがくもり外が見えません。さらに30分も走ると渋滞に巻き込まれてしまった。

足柄と浜松のサービスエリアで休憩するも、厳しい雨と風と寒さでトイレの往復のみ。やっと名古屋過ぎた辺りから荒天が少しおさまる。でも相変わらず窓は曇って外見えず。甲南サービスエリアでは雨はやんでいた。

京都手前で再び渋滞に捕まり、けっきょく大阪駅前に予定より一時間遅れて到着。

バスは満員だったが、京都深草で半分近く降りていった。

やっと着きました。悪天候のため外の景色を楽しんだわけでもなく、ただただ車の中に長時間いたというだけのバス旅でした。途中からスマホで位置確認しながら、あとどれくらいか今どの辺りかなど無意味なトレースをしたりもしたが、徐々に時間間隔がマヒしてきて、大阪駅に到着してみれば、案外早かったのではと錯覚してしまったのも変だ。

まあこんなものかもしれない。新幹線でも飽きる時は飽きるし、時間の長短ではない。要は楽しめたかどうかだけの話で、楽しめなければ乗ってる時間が短くても退屈以外ないということを再確認しました。前半楽しんで後半退屈そんな感じ。たぶんまた利用するとは思います。ただし、天気の良い日に!

>とくたび バス旅スペシャル

価格:840円
(2017/3/29 18:23時点)
感想(1件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です