比叡山延暦寺を訪れて

めったに来ることはありません。
たまたま近くのおごと温泉に来たので寄りました。

ケーブルに乗れば簡単に山頂まで行けてしまう。
便利な世の中です。
昔は大変だったであろうことは容易に想像できます。

いうまでもなく高野山とならび密教の双璧ですが、
日本人でも常日頃意識することはまずありません。

ここに来て初めて独特の荘厳なる雰囲気を肌で感じ取り、
計り知れない修行僧の深い歴史をイメージできるのです。

一方、下界ではもはや科学の時代です。
日常生活で仏教思想や仏事に触れることは稀です。
寺社も後継者不足で衰退傾向のようです。

そんなギャップを考えながらおチュウはうろうろ ‥‥ 😕
すると、山頂でも多くの外国人観光客でぎわっております。
それもなんとなく皮肉な感じだなあ。

信仰の場にいながら、
精神と物欲が入り乱れてぐじゃぐじゃになっているようで、
ここから化学反応で何か生まれるってことはなさそうだな

そんなこと考えながら下界へと戻って行きました。 😆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です