西と東の境目で

Exif_JPEG_PICTURE

西と東の文化は

天竜川で別れているといいますが、

 

浜松からJRの各駅停車に乗り東へ

そして、今まさに

西と東の境目を通過中

 

いよいよ東の領域か!

一人興奮するおチュウでしたが、

地元の人たちは日常生活の一部であり、

当たり前のように寝ているのです。

 

新幹線で大阪から東京へ、

出張は数えきれない程しましたが

そんな事意識したこともありません。

 

一瞬のうちに橋を通過してしまう。

速すぎるというのも

時に感情すら置き去るものなのかも知れません。

 

不思議なもので

ゆっくり移動していると、

境目を意識し

いろんなことを考えてしまいます。

 

朝には東に向かい、

夕には西に帰る。

すると、

朝は薄口醤油で、

昼は濃口醤油

夜はまた薄口か、

時間があれば

どうでもいいことを

ついつい考えてしまう。