頑張ってくれ!和歌山

Exif_JPEG_PICTURE

何とも言えない

慎ましやかな観光宣伝と感じました。

 

こんなところでも頑張っているんだ!

そう思い、

記憶にとどめようと

写真を撮りました。

 

東京は有楽町で、

少しぐずついた空模様の下、

雨宿りしようと

うろうろしていた時です。

 

懐かしい和歌山という文字を見つけて

思わず立ち止まったのでした。

 

“和歌山というはないけれど、

和歌山にしかないはある。

高野、パンダ沢

 

しかし —–、

高野山パンダを目玉に持ってくるという現状を

どの様に理解してよいのやら

 

ふるさと離れて40年の

おチュウには分かりませんが、

 

ただただ故郷の明るい未来を

小ぬか雨降る有楽町の片隅で

祈ったのは言うまでもありません。

 

最後に

このキャッチコピーが

東京の皆様の

心に刺さるかどうかの評価は、

おチュウにはできませんでした。