JRに感じるノスタルジー

おチュウは旅に出る際極力JRを利用します。

なぜか!
そこには哀愁があるからです。

古い人間なのかもしれませんが、
あの決して新しくはないホームや草の生えた線路
夜ともなれば夏虫の鳴き声が聞こえてきたりします。 😉 

すでにそこは旅情の場なのです。
加えてボロボロの駅だったりすると
これ以上のものはありません。

ゆうチュウさんにはなかなか分かっては貰えませんが、
要するにおチュウの田舎にはJRしかなかったのです。
だからなのかもしれません。 😯 

正確に言うと国鉄とうJRの前段階の組織ですが、
あの子供時代を感じたくてJRに乗り続けているのかもしれません。

写真は以前旅した地方の駅ですが、
たまりません。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です