ホワイトデー商法の深さ

Exif_JPEG_PICTURE

梅田地下街

きらびやかな商品群にふと目をやると、

ホワイトデーを意識した飾りつけのようです。

 

どう見ても

低年齢層向けですよねえ。

購買層が、

男の子とか女の子とか呼ばれる人たち

 

こんな頃からすでに

一丁前にホワイトデーだとよ!

思わず、

おチュウは唸り声を発してしまいました。

 

何でもかんでも商売にしてしまう、

この日本のすごさ!

 

そう言えば、

枚挙に暇がありません。

古くはクリスマスに始まり、最近ではハロウイン

そして、

標的層としても広がりを見せ、

ジャリンコたちまで。

 

その展開の多様性がまた見事だ!

 

まあ、実際のところ

この子たちの年代に

このイベントがどの程度広がるかは

おチュウには分かりません。

 

とそこで、

基本的なことに気づきました。

ホワイトがあればその前のバレンタインは

当然存在している。

ということは、

子供のバレンタインはすでに常態化している。

おチュウに目まいが —–

 

まあしかし、

これらを持って、

日本人の早熟化が加速されるとか

そんな馬鹿なことがあるわけないし、

お子達のお遊びの世界ですよね。

 

お金払うのは当然親だし。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です