天満天神のえびす祭

昨日は十日えびすでした。

商売の町大阪ですから、笹持った人々が朝からうろうろ

おチュウも天満宮へちょっとだけ様子見に出かけました。

大阪在住20年近くにもなりますと、

なんとなく商都なにわの香りも心地よいものに感じてしまうわけです。

その典型的な雰囲気を味わえるのがえべっさんであり、

この日ばかりはひっきりなしに商売繁盛笹もてこいが聞こえてくるわけで‥‥

いにしえの大坂と呼ばれていた時代に思いを馳せるのです。 😀 

 

 

ただちょっぴりさみしいのはのし飴がないこと

小さい頃和歌山で育ったおチュウは、近くの神社に行くとえべっさん仕様に紅白ののし飴をもらいました。

つまり、 えべっさん=のし飴

だったのですが、どうやら和歌山だけのものらしいです。

まあ、一年に一度そんなことも思い出させてくれるわけですが、

時節柄外国人観光客の姿もちらほら

彼らの目には福娘はどのように映るのでしょうか 😉 


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です