討ち入りの日に想う

昨夜は

赤穂浪士たちの討ち入りの日でした。

おチュウのご先祖様が、

一員として活躍になられた日です。

Exif_JPEG_PICTURE

その後子孫がどのように流れ、

和歌山に至ったのかは知りません。

親父が、

縁もゆかりもない

赤穂のことをやたら詳しいので、

質問したところ判明した事実です。

 

それ以来、

毎年この日になると

数百年前に思いを馳せてしまいますが、

ご先祖様はどのような方だったのでしょうか。

知る由もありません。

 

ひょっとして、

いやいや連れていかれたのではあるまいか。

それとも、

忠義の精神で乗り込んでいったのでしょうか。

 

おチュウはどちらかと言えば

ゆるい人間なので その点心配です。

 

親父はもうこの世の人ではありません。

もっと詳しく聞けばよかった。

少し後悔しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です