ビフテキへの憧れ

Exif_JPEG_PICTURE

先日ゆうチュウとステーキ店にランチを食べに行きました。

サイコロステーキ(写真)です。

コスパから考えて、納得いく内容でしたが、なんとなくステーキ店にくると緊張するのはおチュウだけでしょうか。

 

おじさんという人々の多くは、牛肉のステーキをビフテキと呼びます。

ビフテキとは、ビーフステーキの略でしょうか?

とにかく牛肉は昔から高価でした。

当時は、牛>豚>鶏>鯨 の肉カーストが成立しており、おチュウたち庶民は鶏や鯨を夕飯に食べることが多いのでした。

誕生日を含めハレの日には、よくて豚。

とんかつはおチュウにとっては、ごちそう中のごちそうでした。

そのさらに上を行くのが牛肉であります。

すき焼きが最上のごちそう。

ビフテキなんて、聞いたことがあるけど見たことない、そんな時代です。

 

そういったおチュウの人生の歴史が、いまだにステーキ店に来ると緊張する要因になっているのかも知れません。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です