ホットケーキに昭和を感じてしまう

近ごろスイーツの紹介でよくホットケーキを目にします。
スイーツとして位置づけられているのでしょうか?
おチュウにはよくわかりません。

パンケーキと名前が違うだけで同じものですか?
これもわかりません。

いずれにしても、
思い出すのは子供のころ
故郷和歌山の海南駅前にあったアサヒという喫茶店で、
初めて食べたホットケーキの記憶なのです。

なにせ昭和30年代の話で、
しかも田舎の喫茶店のことだから、
今のスイーツのクオリテイに比べると見劣りするはずですが、
子供心にめちゃくちゃおいしかった記憶があります。

先日 阪急インターナショナルの地下一階にある喫茶店で、
ゆうチュウさんとホットケーキを食べたのですが、
当時もこんな味だったのかなと、
ふと思い出した次第です。

今では喫茶アサヒはなくなり、
周辺の景色も一変してしまったようですが、
小さいころの記憶は不思議と細部にわたり覚えているものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です