酒と肴の経年変化

若いころは酒のつまみもボリュームがあり
高カロリーのものを食べていました。

無茶に飲み、そして意識遠のくの繰り返し。
よく生きて来れました。 😳

ところが、年々酒の味を楽しむようになり、
肴の比重は下がってきたように思います。

徐々に重たいものから軽いものへ
湿り気のものから乾きものに ‥‥

気が付けばこの通りです。
めざしの乾いたのやちょっとした珍味など

すでにバカ食いしようという勢いもなく、
体重にも気を使いつつ、
空想に浸りちびちびと時間かけるのです

まあ、ちびちびではありますが、
時間かけた分全量はさほど変わらないのかもしれません。 😀

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です