鶏料理はここが一番

滅多に行きませんが、

たまに無性に食べたくなり行く店です。

 

以前ブログでも紹介しましたが、

神戸三ノ宮のミントにあるトリイチ

ゆうチュウさんと出かけました。

 

ここの親鳥がおチュウの好きな料理で、

歯ごたえが半端ないのですが、

その嚙み切っている様が

今まさに捕まえた獲物を食べる野生の感覚と申しましょうか、

太古の時代野人だったご先祖様になった気分です。

 

鳥食った。満腹だ。

日が暮れるぞ

洞窟に帰って寝るか!

そんな感じ

 

ゆうチュウはひな鳥

柔らかいので難なく食べてしまうことができます。

これはこれで上品に平らげることができます。

100円でデザートとドリンクも付いてくる。

 

おチュウの親鳥の場合は、

すでに細断したものを持ってきますが、

それだけでは足りず

ハサミも添えられています。

 

歯の弱い方でも大丈夫です。

顎の運動にもなります、

というか顎が筋肉痛になってしまいそう。

でもこの触感がたまらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です