タバコの記憶

Exif_JPEG_PICTURE

おチュウはかつてヘビースモーカーでしたが、

10年以上前にタバコをやめました。

 

だから、

今いくらで売っているのかさえ知りませんが、

最近いろいろ

面白いフレーズが目につきます

何を狙った販売戦略なのでしょうか?

 

少なくとも

吸わない人間が

記憶に残るのだから効果はありそうです

 

タバコの味なんて

もうすっかり忘れてしまいましたが、

飲み屋で一晩に

一箱以上吸っていた記憶があるので

ずいぶんおいしかったのは間違いなさそうです

 

今では、

酒を飲んでいても

タバコの存在すら

記憶の片隅から出てはきません。

不思議なものです

 

ところで、

フレーズは記憶には残ったけれど、

吸いたいとは思いませんでした。

ごめんね!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です