「てっちり」の未練

こう寒い日が続くとやはり鍋です。
おチュウはふとてっちりが食べたいと思ったのです。

正月息子家族と焼肉店で食事のあと、
ともチュウさんと二人で一杯やりに行きました。
初めての割烹に入りメニューを見ると、
てっちりの名前が!

てっちりにしよう  😛
お造り盛り合わせとてっちり二人前注文しました。

しばらくすると、
身が余るので唐揚げとかも出していいですか?
いいよ

すると、程なく唐揚げ
つぎはてっちりか?
すると次はフグ皮持ってくる。
???
つぎか?
てっさどうぞ
???

中々てっちりが出て来ず
すでに結構満腹状態
最後にやっとてっちり

でも、うんざりするほどの多さ
のつこつしながら食べるはめに ‥‥

雑炊はどうですか?
けっこうです
即座に返答!
でもいい出汁出てるなあ  😕

これってコースになってはいまいか?
勘定もそれなりに ‥‥

ふと気づきました。
さっき唐揚げとか出していいかって言ってたよなあ
唐揚げって言い切ってなかった
日本語って難しい!

お造り盛り合わせはいらなかった。
焼肉のあとに食べるべきじゃない。
腹減ってりゃもっとうまかったはず
と、後悔の思い ‥‥

ということを思い出したので報告しておきます。 🙁



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です