つかの間の静寂

淀川河川敷を散歩し、

結構歩きました。

足が疲れ棒のようになってきたので、

鉄橋下の日陰で少し休むことにしました。

Exif_JPEG_PICTURE

心地良い風が時折吹いてきます。

 

すると、

彼方から金属音がやってくるようです。

あっという間に近づき、

轟音と共に頭上を電車が通り過ぎてゆきました。

 

再び静寂がおとずれ ——

何事もなかったかのように、

辺りはのどかに鳥がさえずり、

野球少年の気合を入れる声がこだましています。

 

日差しに熱は感じるけど、

吹く風は秋の風、

おチュウはふと梅田の雑踏を恋しく感じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA