ふと立ち止まり遠くを見る

散歩コースと決め、不定期に歩く歩道があります。
大川沿いを通り毛馬の閘門から淀川に至りますが、
往復で一時間以上かかるでしょうか。

毎度のことなのですたすた歩き、
そして戻ってくるという、
単純作業のようになってしまっています。

でも時折、思い出したように立ち止まり、
ひと時を過ごす場所があるのですが、
四季折々の移り変わりの様を実感でき、
心休まる貴重なひと時でもあります。

しかし、少し休んでいる間にも
次から次へと通り過ぎていく人々がいて、
近ごろの健康志向の波を感じるのですが、
けっこう年配の方でもこの寒いのにランニングに半パンで
しかも結構な速さで走って行くのです。

それはもはやジョギングのレベルではなく、
ランニングです。

趣味ならそれでいいのだけど、
最近走りすぎはかえって体に負担がかかり良くないと聞きます。

過ぎたるは及ばざるがごとし

その点おチュウにそのようなことわざは無用であるなあと
気付きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です