冬の昼下がり

Exif_JPEG_PICTURE

目の前を歩いていく

影の長さにふと立ち止まり、

思わずシャッターを押しました。

 

昼下がり

無風、快晴

でも冷え冷えする一日です。

陽だまりでも

ぬくもりは感じられません。

Exif_JPEG_PICTURE

日差しの弱さを痛感し、

“もうちょっと頑張れよ”と

太陽に言ってしまいたくなるような

とある冬至過ぎて間もない日のことです。

これでも平年並みだそうな!

 

夏場はほとんどなかった影が

こんなに長くなるんだと思うと、

地球と太陽の位置がほんのちょっとずれただけで

こんなに違うことを再認識し、

地球環境って微妙なバランスの上に成り立っていることを

今さらながらつくづく考えさせられます。

 

二酸化炭素の問題でも、

排出量の長年にわたる蓄積が同化と異化のバランスを崩しつづけ

その結果を徐々に気温を底上げし、

地球的規模での気候変動を引き起こすのですから

 

長い地球の歴史で、

今が異常なのかどうかさえ

おチュウには分かりませんが、

想定内の範囲で納まっていることを

願わずにはいられません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です