和歌山人の痕跡

和歌山に生まれ育ち、

その後は日本各地いろんな場所で生活してきました。

のみならずアメリカに住んだことさえあります。

もはや故郷は遠くなってしまいました。

でも決して消えてなくならないものがあります。

 

例えば、みかんの食べ方です。

まず皮をむき、人房ずつ丁寧に食べた記憶がない。

いきなり適当に四分割程度に割り、荒っぽく皮をむき実の塊を口に運ぶ。

四回繰り返すとなくなり、すぐ次のみかんに移る。

 

他にもある?

和歌山医大を和医大という。たくあんをこんこ

少し考えればまだまだ出て来そう。

和歌山あるあるをやったら面白いかもしれません。

そういうわけで和歌山臭はおチュウから消えることがないのです。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です