変わりゆく街

新しいビルが建つとき、

この建物は未来永劫になくなることはないものと錯覚します。

コンクリートのビルならば余計に、

永遠の強さを感じてしまうのかも知れません。

Exif_JPEG_PICTURE

でも、

どんな建物でもいつかはなくなる時がやってくるのですねえ。

最近まで当たり前のように立っていたビルが、

今日通りがかるとびっくり、

きれいになくなっていました。

途端に元の姿がイメージすらできません。

 

老朽化が進んだのでしょうか?

建物自体は大丈夫でも、

配管が古くなり機能不全に陥ったのかも知れません。

何となく臓器は大丈夫でも、

動脈硬化で血管が詰まってしまった人に似ている気がします。

 

形あるものはいつか崩れてなくなるという ——、

盛者必衰の感慨で思わず立ち尽くしてしまいました。

程なく新しい建物が建つのでしょう。

あるいは、パーキングなのか。

いくらなんでも畑にはならないと思いますが。

 

数か月先には、

新しい街並みを当たり前のように歩く

おチュウの姿を想像しました。

でもそのおチュウとていつかはいなくなってしまうのでしょう。

これも確かです。

時間は無情にもこの瞬間も刻み続けています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA