師走の阪急32番街

毎年12月に入ると、

クリスマスの装いになりますが、

ご覧の通り今年はこのようなイメージです。

Exif_JPEG_PICTURE

どの様なコンセプトなのでしょうか?

おチュウには趣旨を理解できるほどのセンスを

持ち合わせておりません。

 

天井にぶら下がっている

あの歯車状の組み合わせにもきっと奥深いメッセージがあるのでしょう。

Exif_JPEG_PICTURE

阪急百貨店のデイスプレイも

すでにクリスマスシーズン真只中の印象を与えていますが、

クマの雪だるまみたいな横に小人のようなキャラもいたりしますが、

今一つその風体に馴染めません。

その良さが理解できないほど、

時代に置いてきぼりになってしまったのでしょう。

でも去年より背にして記念写真撮る人が少ない気もします。

 

まあ、とにかくこれを見るにつけ

いよいよジングルベルなのだなと

おチュウは感じ入るものがあります。

 

雪でも降ってくれれば、

身も心もクリスマスの月に入っていることが実感できるのですが、

この冬はどうも暖かそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA