時計への信頼

我が家の時計ですが、
購入してすでに20年は経過しているのです。

ずっと休みなく働いてきたのですが、
最近遅れが目立つようになり、
電池を変えてもダメでそろそろかなと思っていました。

正確に時を刻まない時計なんて、
はっきり言って役に立ちません。
むしろ邪魔です。

いくらこの時計に思い出があってもそれとこれは別で、
今何時か教えてくれなければ意味がないのです。

ゆうチュウさんはしっかりしろと、
針をぐりぐり動かし気合を入れたらしいのです。

すると、
また動き出し、
すでに一週間たちますが正確に時を刻んでいます。

しかし、一度失った信頼は簡単には元に戻りません。
時計の時刻を見てはスマホの時間と比べ
まだ遅れてないなと確認する日々です。

残念ながら、
時計への信頼はすでに無くなってしまったようです。

あとはおチュウたちと共有した思い出の深さで、
時計君が生き残れるかどうか ‥‥
追い込まれております。 😳

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です