ターミネーターを見た後の疲労感と爽快感

半年ぶりに映画を見ました。

このところ積極的に見たいという映画もなく、

久しぶりの大阪ステーションシネマです。

見たのはターミネーター 😀

でもこれもまあ見てもいいか程度だったのですが、

アクションものも完全に人間対AIの時代になっておるのです。

したがって、いくら戦っても決着がつかず見ていて疲れてくるというか、

最後は力づくで人間サイドが勝ってしまうという展開で、

疲れてホッとして映画館から外に出ると、

目の前には梅北と梅田スカイビルが悠然と見え、

しばらくは冷たい風に吹かれ疲れを癒したのでした。 😕 

AI社会はすでに現実になっていますが、

人間にとって幸せなのかどうか、その辺は人間サイドの捉え方次第ではないかとも思うのですが‥‥


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です