イノコヅチと野良犬たちのその後

かつて町のあちらこちらで野良犬を見かけました。

秋ともなると、草叢から急に現れて、

体のあちらこちらにイノコヅチの実をくっつけていました。

あの野良犬たちはどうしたのでしょう。

Exif_JPEG_PICTURE

道すがら、

植え込みの中にイノコヅチを見つけ

ふとあの犬たちを思い出しました。

 

イノコヅチの実はおチュウたちも往生しました。

草叢で遊んだ時も、

セーターやズボンにパラパラとくっ付いてなかなか取れてくれない

ひっつき虫の代表格で厄介な代物でした。

 

その後、環境の激変に耐え野草はたくましく生き延び、

今でも目の前に生えています。

 

それに引き換え、

野良犬たちはどうしてしまったのでしょうか。

 

ペットとしての犬は隆盛を極め、

公園や道路でご主人様に連れられた姿を普通に見かけますが、

あの何とも言えない雑種のぶち公たちは

どうしたのでしょうか。

如何にもいろんな血が混ざってますという風体の犬たち

 

それに比べて、

今のペットは人気にブームがあるのでしょうか。

とにかく道を歩いている犬たちは、

トイプードルに代表される由緒正しい限られた種類の犬しか見かけません。

スピッツやコリーたちもどこかに行ってしまったようです。

 

犬は時代によりいろんな種類が登場しますが、

イノコヅチは相変わらず昔のイノコヅチのままのようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です