冬は犬がいい

冷え込んでいますが、そろそろ一年の底ですから致し方ないのでしょう

ところで、こんな冬場でも犬を飼っていると散歩は欠かせないようです。 😐 

防寒具に身をまとい散歩させている姿をちらほら目撃するのですが、

犬の方はいたって元気

カラフルな服を着せてもらい、嬉々としてご主人様を先導し散歩しています。

どちらが主体なのかよくわからなくこともしばしば 🙁 

ところで、若いころ職場の先輩が犬は寒帯の動物だから、

夏場の手術は気をつけるようにとおっしゃっていたのを思い出しました。

古くは南極越冬隊のタロとジロの話も有名です。

ということは、やはり犬は冬場の環境を得意としているのでしょうか

極地探検で、犬ぞりというのもありましたねえ‥‥

でも、恒温動物だから冬場は生きていくためにより多くのエネルギーを必要としますし、夏場の方が省エネで楽だと思うのですが‥‥

その辺おチュウにはよくわかりません。

でも、それを言ってしまえばペンギンは極地より熱帯の方が適していることになってしまい、現実との乖離が明らかです。 😳 

要は、長年の間に寒さに適した体に変化したのであろうことは理解できます。

むろん失敗した生物は淘汰されたということなのでしょう

しかし、犬はオオカミから1万5千年前に分岐したというのが定説ですが、

するとオオカミも寒帯の動物ということなのかもしれません。 😆 

そこら辺は動物学的知識がなく素人のため想像の域を出ませんが‥‥

まあ、それはそれとして寒々とした公園を人は我慢しながら歩き、犬は駆け回る。

冬場だけ犬になりたいとふと思った次第です。


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です