“この木なんの木”の春

1月24日のブログで

冬枯れの “この木なんの木”

を紹介しました。

「ほんの数か月たてば新緑が蘇り —–」

と書いたのを思い出し、

そろそろ芽吹いた頃かもしれないと

久しぶりに“この木なんの木”に会いに出かけました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

ところが

辺りは短期間に景色が一変し、

春の陽が燦燦と降り注いでいます。

 

既に“この木なんの木”は緑一色となり、

鳥は再び飛来して

ちゃっちゃか飛び回っているではありませんか!

 

Exif_JPEG_PICTURE

おチュウは芽吹いた頃の様子を

写真に収めたかったのですが、

今頃何しに来てんの?

そう言われてるようで

少し恥ずかしい気持ちになりました。

 

自然の進み行く速さに

おチュウはちょっとびっくりしたのでした。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です