スイスイの思い出

Exif_JPEG_PICTURE

大川の遊歩道

右手の川を見ながら散策していました。

すると、

左手前方の草叢にピンク色が —-、

注視すると、

スイスイの花が咲き誇っているではないですか。

なかなか大きな花です。

葉っぱも大きく、

良く肥えた土壌なのでしょう。

その見事さに思わず近づいていました。

 

通常は庭などにひっそりと生えています。

雑草としては一流で、

葉はすぐに茎から抜けてしまい、

残った地中の球根からほどなく生えてきます。

子供の頃、草むしりで苦労したのを思い出すなあ。

芝の間に生えているスイスイを、

球根まできれいに取るのは至難の業でした。

 

ところで、葉を使ってよく遊んだものです。

三つ葉の根元から茎の部分をはがすと、

葉っぱに芯がついた状態で残ります。

芯の先端を持ち葉っぱを垂らした状態で、

各々のスイスイを絡み合わせて引っ張り合い、

ちぎれた方が負け。

単純明快な遊びをよくしたものでした。

 

このスイスイで勝負したら、

多分優勝だろうなあ。

気がつけば、

おチュウはそんなことを考えていました。

正式名はイモカタバミです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA