ヘクソカズラの嘆き

いくらなんでももう少しましな名前つけてくれよな。

そう訴えかけているかのように、

白いきれいな花が咲いていました。

中心部に赤味がかったアクセントがあり、

まるで苺ジャムがくっ付いているようです。

おチュウには、小さく可憐な花に感じられました。

Exif_JPEG_PICTURE

強い日の光を受け、

白さが緑の中で益々際立ちます。

風がそよりとも吹かず、

葉っぱもまったく揺れることはありません。

夏虫もしばらく昼寝の時間なのか、

姿を見かけなくなってしまいました。

 

淀川河川敷の昼下がり

 

漢字で書くと、

屁糞葛

俺はへくそじゃない!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA