盛況の“この木なんの木”

Exif_JPEG_PICTURE

好天に誘われて、

毛馬の淀川河川敷に行ってみました。

 

しばらく自転車に乗っていなかったので、

まず販売店まで押していき

空気を入れることに―

 

いきなり乗ると、

このところの体重上昇に耐えきれず

パンクするんじゃないか?

不安があったからです。

 

それはそうと、

河川敷の昼下がりです。

“この木なんの木”の木陰には

たくさんの人が詰めかけて―

 

今まさに

お昼の食事が始まろうとしていました。

 

さすがにゴールデンウイークです。

家族連れが多く

手軽なレジャーということでしょうか

 

Exif_JPEG_PICTURE

いつもいる鳥たちは

どこかに追いやられ、

しばし人間の世界がそこにありました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です