秋の気配の中で

Exif_JPEG_PICTURE

イチモンジセセリを見つけ

シャッターを押しました。

 

どこにでもいるチョウです。

都会の片隅でも

このようにさりげなく ——

 

よく見ると

折りたたんだハネがボロボロです。

ずいぶん長く生きてきたのでしょう。

 

秋の進行を全身で感じながら

残された時間を思っているのでしょうか。

 

おチュウはふと自分に置き換え

残された人生を思い

イチモンジセセリに親近感を持ちましたが、

 

突然の一方的な仲間意識に

迷惑だったのでしょう。

飛び去ってしまいました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です