人とハトの距離感

近ごろ周りではハトの数が増えている気がするのです。

公園や空き地にたむろしているのですが、
ベンチに座るとすばやく様子を覗いに来ます。
次にスズメで遠くにカラスの順番

生き物ですから、
食べ物を探すのは当たり前です。
生きている限り、いや生まれてしまったからには
生きるために食べ物は必須です。

しかし、増えすぎるとこれまた人間社会と軋轢が生じます。
たとえば、糞害!  👿
おチュウも頭の上に複数回やられました。

元はといえば、飼っていたハトを誰かが手放したのでしょう。
鳥側に非はありません。
今となってはどうでもいい話です。

しかし、ときどき餌をばらまいている人々を見かけますが、
それはほどほどにしてもらいたい。 😕

生き物に餌をやることは、
それ自体命をいつくしむ行為でもありますが、
やり過ぎるとバランスが崩れ個体数が増えてしまいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です