鳥社会の厳しい現実

なかなかの光景を目の当たりにしました。

毛馬の閘門に

差し掛かった時のことです。

Exif_JPEG_PICTURE

川面がざわついていました。

 

水面ぎりぎりで

カモメたちが

攻撃態勢?をとっています。

Exif_JPEG_PICTURE

よく見ると

水面下で黒いウたちが魚を取っています。

その魚を横通りしようと

盗賊カモメたちが接触しているのです。

 

更に

カモメが日頃休む場所には

ハトたちが待機しており —–

カモメの横取りした魚を横取りしようと

待ち構えている。

Exif_JPEG_PICTURE

更に更に

ハトたちを遠目にスズメたちがいて、

ハトたちのおこぼれを貰おうと

これまた待機しています。

Exif_JPEG_PICTURE

スズメが魚を食べるのかどうか

おチュウには分かりません。

この際気にしないことにします

 

ウ →カモメ →ハト →スズメ

各ステップへの魚の移動は

相当難度が高く、

スズメに至ることなどほとんどあり得ません。

 

食物連鎖とはちょっと違うけど、

そのすさまじさに

おチュウは鳥肌が立ったのは言うまでもありません。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です