トノサマガエル

トノサマガエルだからといって、

ひざまずく必要はありません。

ただのカエルです。

 

でも久しぶりに見つけました。

おチュウが子供の頃はいたるところで遭遇しましたが、

いつの間にか見かけなくなりました。

 

一説にはオゾンホールの出現で紫外線が強くなり、

卵の黒い核の部分にあるDNAがやられて激減したのだと聞いたことがあります。

でも、真偽は不明です。

 

ここで出会ったということは、

取り巻く環境は少しは良くなったということなのでしょうか?

いずれにせよ、久しぶりだね。

 

この優しい目となんとなくユーモラスな顔が好きです。