深酒の翌朝

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

久しぶりに元同僚たちと

大衆酒場で深酒し、

なんとか帰宅はしたようです。

 

気が付けば布団の中で朝を迎え、

その間の記憶はほとんど残っていませんが、

後頭部の重さにその痕跡を見ることができます。

 

こんな生活はもうこれっきりにしよう!

おチュウは心に誓い

日常に戻るのです。

 

しかし、

時間の経過と共に

この誓いは恐ろしいスピードで風化して行き

再び同じことの繰り返し

 

こんなにも人は弱いのでしょうか?

と自問自答すること限りなし。

単に、

“人が弱いのではなく

おチュウが弱いだけかもしれない“

この基本に気づくこともない。

 

そして、

今回もたぶんこの繰り返し。

というか、

死ぬまで治らないのです。

病気なのだから(笑)