朝だ!ペッパー君

Exif_JPEG_PICTURE

今まさに

シャッターが上がっていきます。

 

しかし、

もう少し寝ていたい!

あと五秒

とかそんなことはロボットの世界にはないけれど

 

思わず子供の頃の

布団の温かさを思い出してしまう。

寒い朝とか、特に —–

 

ペッパー君も

疲れているのかも知れません。

でも現実は厳しい!

 

無情にも

電源の入る瞬間が

刻一刻と迫っているのです。

 

あと一秒でいいから寝かせてくれ!

 

担当のお姉さんが

ニタッと笑い

プチッとスイッチを入れる。

おチュウには分かるのです。