猫の記憶

Exif_JPEG_PICTURE

朝の散歩道

庭先にちょこっと座り、

何を思う? 猫

 

かつて、

猫を飼っていました。

子供の頃の話です。

 

家の周囲は田圃が多く、

放し飼い状態!

素性怪しい猫でしたが、

夜には家に戻り、

おチュウの夕飯の残りを食べた後、

こたつに潜り込むという、

定番の動作を繰り返していました。

 

ある日、

夜半に鳴き声が続いていましたが、

朝起きてみると死んでいたのです。

 

たぶん腐ったものでも食べたのだろう。

そういうことで決着しました。

 

それ以来、

猫は飼っていません。

名前は確か、トラかタマ

ミケだったかも知れません。

 

今ではマンション暮らし

この環境で飼うのはかわいそうです。

大阪の夏場の気温には

耐えられないかもしれません。