健康志向という心地良い響き

Exif_JPEG_PICTURE

大川沿いを散歩すれば、

ジョギングをする人々に会います。

老若男女を問わず、時間も無制限。

とんでもない早朝でも走っている人がいるのです。

 

おチュウもその昔、

駅伝などを冬場にやっていたこともあり、

当時は自信ありました。

 

風のように走り、

そして忍者のように音もなく去ってゆく。

ほとんど漫画の世界ですが、

そのイメージで

ついつい走って見たくはなるのです——-。

 

ところが、

寄る年波というものは

如何ともし難いのです。

ほんの数十メートル走るだけで

膝ががくがくして、よろけてしまう。

 

もっとも、あの頃に比べ

実に25キロ以上増えているのですから、

無理もありません。

 

走りたいのは やまやまですが、

そのためにはまず減量をしなければ

走ることもままならない。

減量をするためのジョギングすらできない

これは悲しい現実です。